米国の自動車メーカーランキングトップ10に日本メーカー4社ランクイン!!

世界の自動車ブランドトップ10はこちら!

アメリカの消費者団体専門誌「コンシューマー・リポート」が2017年度版自動車ブランドの総合ランキングを公表しました。

1位:アウディ
予測信頼度:4/5、顧客満足度:4/5、ロードテストのスコア:86、総合スコア:81

2位:ポルシェ
予測信頼度:3/5、顧客満足度:5/5、ロードテストのスコア:88、総合スコア:78

3位:BMW
予測信頼度:3/5、顧客満足度:4/5、ロードテストのスコア:86、総合スコア:77

4位:レクサス
予測信頼度:5/5、顧客満足度:4/5、ロードテストのスコア:74、総合スコア:77

5位:スバル
予測信頼度:3/5、顧客満足度:4/5、ロードテストのスコア:81、総合スコア:74

6位:キア
予測信頼度:4/5、顧客満足度:3/5、ロードテストのスコア:77、総合スコア:74

7位:マツダ
予測信頼度:4/5、顧客満足度:4/5、ロードテストのスコア:75、総合スコア:73

8位:テスラ
予測信頼度:2/5、顧客満足度:5/5、ロードテストのスコア:88、総合スコア:73

9位:ホンダ
予測信頼度:3/5、顧客満足度:4/5、ロードテストのスコア:77、総合スコア:72

10位:ビュイック
予測信頼度:4/5、顧客満足度:3/5、ロードテストのスコア:72、総合スコア:72

ランキングを見ると、レクサス、スバル、マツダ、ホンダの4社がランクインしている。日本の技術力、信頼性の高さを証明しています。

一方本国アメリカのメーカーでトップ10にランクインしているのは10位で入ったGMのビュイックのみとい結果になった。

安心はできない日本勢

今回のランキングを見ると日本勢はかなり健闘しているように見えるが、昨年のランキングと比べるとホンダは10位から9位と順位を上げたがその他のスバル2位→5位、レクサス3位→4位、マツダ6位→7位と順位を下げ、トヨタに関しては8位→11位とトップ10入りが叶わない結果となった。

原因の1つとして他国メーカーの技術力の向上が上げられる、昨年ズバルのレガシー、アウトバックは最も信頼性が高いとされていたが、今年は平均的な評価とされている。

しかしこのランキングは常に新しいテストを導入しているとのことで毎年変動があるので各メーカーの今後の動向に注目したいですね。

 

まとめ

現在アメリカのトランプ大統領が自国ブランドをゴリ押ししているが、消費者は自国のブランドに厳しい評価を与えています。

これはもちろん自国メーカーの製品が悪いということではなく、他国メーカーにアメリカにはない魅力があるのかと思います。

個人的にもアメリカ車は好きなので、日本だけではなくアメリカのメーカーの今後の動きにも注目したいと思います。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。