金子賢の筋肉を作る食事制限とはどのようなものなのか?

俳優兼タレントの金子賢さんが自身のブログにて2ヶ月におよぶ肉体改造の成果をアップしてその変貌ぶりがすごすぎると話題になっています。

金子さんといえばここ最近ボディビルタレントとしてかなり知名度を上げていますが、実際に減量時の写真をビフォーアフターで見ると別人の体ではないかと思うほどの体に変化しており、しかも2ヶ月という短期間で作り上げたというから驚きです。

金子賢ブログ ビフォーアフター画像はこちらで確認!

今回はそんな金子賢さんの肉体改造の秘密に迫ってみたいと思います。

 

金子賢プロフィール

本名:キム・ヒョン

生年月日:1976年10月19日(40歳)

出身地:東京都

身長:183センチ

血液型:O型

父があの西城秀樹さんと友人ということがデビューへのきっかけとなったそうです。

そして1996年北野武監督映画「キッズ・リターン」で主役デビューしその後俳優として活躍します。

2005年から2007年の期間限定で総合格闘技の選手としても活動していました。しかし公式戦では3戦3敗と勝利を飾ることはできませんでした。

金子さんが体を鍛えるきっかけとなったのは、もともと20歳の時に「25歳になったらいつまでも若くいるために体を鍛えよう」と考えていたらしいです。しかし24歳のときに当時付き合っていた彼女がジムに通い出し、予定より1年早いけどせっかくだし自分も通おうということで金子さんのトレーニング人生が始まったようです。

 

金子賢の食事制限法とは?

まず金子賢さんが40歳でこの体ということに驚きますが、実際の体重や体脂肪はどのくらいなのでしょうか?

金子さんは通常時は体重77キロで体脂肪は13〜14%くらいのようですがボディビルの大会前は体重68キロ、体脂肪4%まで追い込んでいるみたいです。

恐ろしいほど絞っていますね、、、

よく言われていますが、体作りはトレーニング3割、食事管理7割と言われていて、トレーニングの倍以上食事管理が重要とされています。

そんな食事管理を金子さんはどのように行っているのでしょうか?

 

1日の食事メニュー(例)

朝食はリンゴやバナナなどのフルーツ

昼食は茹でた鳥胸肉、白身だけのオムレツ、鳥ササミとワカメのサラダ、豆腐団子、野菜、玄米が乗ったプレートランチと、プロテイン。

夕食はツナや海藻のサラダ、鳥胸肉や馬肉。

 

筋肉を落とさずに脂肪だけをそぎ落とすには、基本的に高タンパク低カロリーのものがいいとされています。

コンビニなどでも買えるサラダチキンなどはプロのボディビル選手も好んで食べるほど優秀な食べ物らしいですよ!

金子さんも1日を通して炭水化物や油物は一切取らない食事をしていました。

しかし、金子さんは週に1日だけカロリーを気にせずに食事する日を設けているそうです。

これは、体の性質上カロリーを摂らなすぎると体が餓死状態にあると思いカロリーを体に残そうという働きが起こるため、体を正常だと騙すために設けているそうです。

 

このように食という人間の三大欲求に制限をかけるという地獄の日々を数ヶ月続けることにより、金子賢さんのようなキレッキレの肉体が手に入るみたいです。

みなさんももしバッキバキになりたければ、トレーニングももちろん大事ですがまずは食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ドラマ「ファイナルカット」は草なぎ剛が主演予定だった?その真相とは?
椎木里佳の成功は父親のおかげ?ヤリまくった相手とは?
紗栄子の現在の彼氏はデザイナー!ZOZO前澤との破局理由は?
花田優一の靴の購入方法は?オーダーで注文?値段はいくらなのか?
小沢真珠は現在劣化がやばい?結婚した旦那の歯科医院はどこにある?
梅田彩佳の卒業理由は?卒業後の現在は何してる?噂の彼氏とは?
加藤夏希の旦那はブサイク?現在の活動や子供についても調査!
大原櫻子が事務所と契約満了で辞めた理由は?引退?今後の活動は?
koki(キムタクの次女)のプロフィール紹介!最強遺伝子美女がモデルデビュー!
土屋太鳳が嫌われる理由が意外!彼氏?あざとい?顔がでかい?体育会系?
筋肉アイドル才木玲佳の筋トレのメニューが気になる!昔の姿はどんな体?
華村あすかとは何者?話題の美人モデルのプロフィールを紹介!
吉澤ひとみの旦那の会社名は?年は50歳?家族は今後どうなるのか?
高橋一生がドラマ『anone』をドタキャン!代役は誰?日テレから干されることに?
吉高由里子の髪の毛が薄い原因は?TOKIOカケル出演時がやばい?

Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。