板野友美の2018年現在は?顔崩壊?仕事や年収も激減してヤバイ?

元AKB48で現在歌手で女優の板野友美さんが2月28日に10枚目となるシングル「Just as I am」と、4th写真集『Wanderer』を発売しましたね。

この二つの作品は連動しており「自分らしさ」というもをテーマにして、歌と姿で表現しています。

そんな板野さんもAKBを卒業して5年目に入りソロデビューして7年、現在26歳になります。

最近はあまりテレビなどで姿を見ない気がしたので現在の様子などをまとめていきたいと思います!

 

板野友美プロフィール

名前:板野友美(いたの ともみ)

生年月日:1991年7月3日(26歳)

出身地:神奈川県

身長:154センチ

血液型:A型

2005年にAKB48のオープニングメンバーとして加入し8年間グループを引っ張ってきて2013年に卒業しています。

現在はソロ歌手や女優として活動しています。

 

顔の変化

板野友美さんといえばこの話題は定番の話題となっていますが、

ネットでは最近「顔が崩壊している」などとも言われておりかなり気になるところですね!

いったいどのようなことになっているのでしょうか?

デビュー当時

こちらがAKBデビュー当時の14歳の頃の板野さんの姿になります。

一番印象が違うのがやはり目ですよね!

奥二重からぱっちり二重に変わっているのは明らかに違うかと思います。

そして顎のラインや涙袋が大きく変わっているような気がします。

顎のラインは自然のラインとは思えない程鋭利なものになっています。

涙袋もかなり涙が溜まってしまったみたいですね!

現在

そして現在の様子がこちら!

ん?ぱっと見崩壊しているとは思えない感じですが、

横から見たラインを見てみると、、、

かなり不自然なしゃくれになっているのがわかりますね!

板野さんは元々顎が引っ込みがちなラインをしていましたが、

本人もそれを気にしてか、顎を外に出そうと整形を繰り返した結果、

このような不自然なラインになってしまったものかと思います!

整形は癖になるといいますが、板野さんにはこれ以上は弄らず現状維持をおすすめしたいですね(笑)

 

現在の仕事や年収

板野さんの2017年の活動を振り返ってみると、9thシングル「#いいね」と写真集「release」を発売した以外に目立った活動はしていない感じがしましたね!

そして2018年現在は先日発売されたシングル曲「Jast as I am」と写真集「Wanderer」が大きな仕事と言えますが、1月20日に公開された映画「星くず兄弟の新たな伝説」でランという役を演じ女優といても活動を始めていくみたいですね!

板野さんの年収についてはAKB時代の全盛期では8900万円とも言われていましたが、

現在は仕事量的にも10分の1位まで落ち込んでいるんじゃないでしょうか?(あくまで個人の予想です)

もしかしたらもっと低いかもしれないですね(笑)

 

まとめ

板野さんは今回のCDと写真集で自分らしさをテーマにしているみたいですが、

これがヒットにつながればまたブレイクの起爆剤になるかもしれませんね!

さらに女優業の方もうまくいけばまた「神7」と言われていた頃の栄光を取り戻せるかもしれません!

あと余計な御世話ですが、整形はほどほどにしましょう(笑)

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

伊東美咲が現在住む名古屋の自宅がヤバイ!仰天セレブ生活の実態とは?
山口絵里加は離婚した?独身?プロフィール紹介と旦那や彼氏について調査!
平子理沙の顔が不自然と話題!変わった理由はやはり整形?
[べっぴんさん]芳根京子の本名は?高校は?難病を告白していた?
[画像あり]ローラの妹と双子の兄が美男美女過ぎると話題に!
二階堂ふみ、新彼氏は元メンノンモデル、半同棲?
浜田ブリトニーの子供の父親は誰?最新彼氏を調査!結婚はせず未婚の母に!
石橋杏奈が逮捕?父は石橋貴明で彼氏は星野源?真相は?
シャーロットケイトフォックスの現在!離婚原因や子供は?新恋人はいるの?
土屋太鳳が嫌われる理由が意外!彼氏?あざとい?顔がでかい?体育会系?
ドラマ「花のち晴れ」主演は杉咲花!花男の続編あらすじやキャストを紹介!
さかなクンが熱愛?サックス奏者の小林香織ってどんな人?
中居正広が独立組から一転ジャニーズ事務所残留へ!その真意は?
明日の約束ネタバレとあらすじ!ロケ地とキャストと主題歌も紹介!
24時間テレビの出演者へのギャラは総額いくらになるのか?

Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。