いしだ壱成の元嫁が可哀想過ぎる離婚原因はモラハラ!その内容とは?

2018年4月6日に23歳年下の飯村貴子さんと結婚を発表したいしだ壱成さん。

飯村さんは妊娠もしており、壱成さんにとっては第二子となります。

結婚相手の飯村貴子さんはまだ19歳ということもありふつうに親子ほど年の離れている女性と交際をして、結婚して、子供も作ってと完全に父の遺伝子を受け継いでいますね(笑)

そんないしださんですが、結婚は今回で3回目ということも話題となっていますよね。

今回はそのいしだ壱成さんに同じ過ちを犯してほしくないということで

元嫁の方との離婚理由を調査し再発防止に活かしてもらおうという記事にしていきたいと思います(笑)

 

いしだ壱成結婚・離婚暦

一人目の嫁・三宅えみ

いしだ壱成さんの最初の嫁さんになったのは元タレントの三宅えみさんという方でした。

三宅さんとはいしださんが大麻所持で謹慎処分となっていた際に、献身的に支えてくれた女性らしく

謹慎を明けた2003年に結婚を発表しました。

しかしこの結婚はいわゆる「デキちゃった婚」で、しかも結婚発表からわずか3日で生まれるというスピード感のある話題となりました(笑)

さすがに謹慎明けでデキ婚の発表は戸惑ったんでしょうかね?(笑)

とにかくいしださんにとって第一子となる男の子がこの年に誕生しました。

しかしこの結婚生活は長くは続かずわずか3年で終わりを迎えてしまいます。

このときの離婚原因はすれ違いやお互いに不倫していた、収入が不安定だったなど言われていますが、本人からの説明はありませんでした。

もしかしたらそのすべてなのかもしれませんね・・・(笑)

 

二人目の嫁・ちえ(一般女性)

二人目の結婚相手は芸能界の方ではなく一般女性の方で、名前は「ちえ」さんという方だったようです。

ちえさんとはいしださんが仕事で地方にロケに行った際に出会った女性で、11歳年下でした。

もしかしたらこのくらいから年の離れた女性を好きになりやすくなったのかもしれませんね(笑)

ちえさんとは2011年から3年間の交際を経て2014年に結婚しました。

しかしこの結婚も長くは続きませんでした。

2017年に離婚とまたもや3年間という短い期間の離婚を発表しました。

このときの離婚原因はいしだ壱成さんの「マイルール」が原因だったといしださん本人が説明していました。

マイルールを少し紹介すると、

・朝起きたらコップ一杯の水を用意しておく

・その水が飲み終わったら白湯を用意する。

・その後シャワーを浴びるが上がるまでにバスタオル、その日着る服を用意しておく

など朝だけで気持ち悪いほどのルーティーンがありそれに必要なことを嫁に用意させるという、

ある種のモラルハラスメントのようなことをちえさんにやらせていたそうです。

これに耐えられなかったちえさんが離婚を決めたということみたいですね。

もしかしたら一人目の三宅えみさんとの離婚もこれが絡んでいる可能性も十分ありえますね。

 

まとめ

以上が元嫁との離婚の理由になりますが、あえて言いますと「これは離婚するわ」と思いましたねw

まず第一に今時亭主関白なんてモノはないモノだと思って自分に必要なことは極力自分一人で用意して行うべきだろうってことですね。

それだけでいしだ壱成さんん場合は離婚の可能性はグンと下がりそうですよね!

もともとは人柄は良さそうなんですから、内面のイメージもその通りにしてやればさらに長い時間安心して夫婦生活が送れそうですよね!

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

窪田正孝の筋肉がすごい?身長や体重トレーニング方法は?
中越典子が第一子出産!永井大との馴れ初めは?
中村獅童が患った肺線癌の原因はタバコ?症状や治療法を解説!
神田沙也加、松田聖子との確執の現在。新彼氏は俳優の村田充。
キャベツ確認中しまぞうZの結婚相手や年収を調査!
コードブルーのCS役女優が伊藤ゆみに変更になったのはなぜ?
ドクターX5期1話感想と2話あらすじとネタバレ紹介!
辻本達規(ボイメン)は事故で入院していた!彼女との目撃キス情報も!
ネタバレ「奥様は、取り扱い注意」第2話あらすじ!高岡早紀が出演!
V6岡田准一が戸建て建設中!ついに宮崎あおいと結婚か?馴れ初め紹介!
キンタローの両親は他界していた!死因は自殺?
中居正広が独立組から一転ジャニーズ事務所残留へ!その真意は?
高橋ジョージが正しかった!離婚協議中の新事実とは?本当に円満離婚なのか?
松山ケンイチの子供は何人?性別や名前を調査!
仲里依紗が激やせした理由とは?痩せて前歯が劣化している?

Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。